Boujou Cissoko with Kouma

(ブジュ・シソコ with クマ)

西アフリカ、セネガル出身のグリオ(伝承音楽家)である、ブジュ・バジャリ・シソコのグループ。

ブジュは今日まで「コラの王」と称される、スンジュル・シソコの孫にあたります。幼少の頃からキャリアを積み、コラだけでなくジェンベやダンスにも優れたマルチプレイヤーとして、主にアフリカや北米のフェスティバルで活躍してきました。祖先から受け継いだ伝統的なスタイルを、より現代的な感覚に橋渡しすべく、ブジュは自分のスタイルを色々な形に発展させてきました。”ピュール・エ・デュール(アップビート の)” ンバラ(セネガルのダンス・ミュージック)、ドゥクティ(マンディンゴ族のリズム)、ジャンバドン(マンディンゴ族、ジョラ族のリズム)、ファンク、ヒップホップ、ジャズ、レゲエなどです。

“Kouma”(クマ)はマンディング語で”Speak”(声をあげる)という意味で、「自分の気持ちを言葉にしよう」というメッセージが込められています。Boujou Cissoko with Koumaは、西アフリカの伝統楽器を中心とするデュオ/トリオから、世界中の多様な楽器を取り入れた大編成など、時と場所に応じて変幻自在に魅了します。

「音楽は人々を一つにし、文化を一つにし、愛を一つにする。音楽は自分の情熱であり、音楽には国境はない」

 

© 2015 - 2019 by Boujou Badialy Cissoko. All rights reserved.